施工実績 WORK

工場

某施設屋上防水改修工事

雨漏りが気になるお客様から相談があり、
点検させてもらった結果屋上の防水改修をしました。
既存の屋根を剥がさずに行う絶縁工法を採用すると、コストと工期と廃棄物も少なくできます。
今回の施工では10年保証がついています。
工期:約3週間

  • リフォーム工事

着工前

屋上のシートがよれ、トップコート(白)も剥げています。

上記のポイントはお客様でも目視確認できます。
事前に屋根の状況を確認しておけば、雨漏りを防ぐ対策を講じやすくなります。

絶縁シート張り

今回は既存のシートを剥がさずに改修工事を行います。
既存シートの浮きなどに影響されないように、下地となる絶縁シートを張ります。

ディスク取付

絶縁シートの上から防水シートを固定するためのディスクを取り付けます。
ディスクはシートと建物をつなぐ大切な役割を担っています。

シート敷き

シーカ社の高品質防水シートを敷き、専用の機械でディスクに加熱圧着していきます。

脱気筒

もともと屋根が持っていた湿気や空気、建物内から出てくる空気を逃す為の脱気筒を取りつけます。
脱気筒を設置することで、空気膨張によるシートのたわみを防ぎます。
最後、屋根の縁に笠木を取り付けて完成です。

その他の施工実績